転職に失敗しないための情報を発信しています。

転職するナビ

転職体験談

みんなの転職体験談 vol.1

投稿日:2018年8月9日 更新日:

お名前

Kさん

現在の年代

30代後半

転職時の年代

30代後半

なぜ、転職しようと思ったのか?

全部で3回、30代になってから転職をしています。

1回目(30代前半)
理由:世間一般に出て、己のスキル・力が通用するのか試してみたかったため

2回目(30代前半)
理由:当初から持っていた経験と加えて、一度世間に出て培った力が他に使えるのか、やったことがないことを試してみたかったため

3回目(30代後半)
理由:2回目までの転職で自身の武器と得手不得手が分かり、やりたい仕事の方面が決まったため

転職活動時どのようなサービスを利用したか?また内定が出て入社した会社はどのサービス経由か?

・マイナビ
・リクナビ

入社が決まったサービス
マイナビ・リクナビと両方あります。"

転職活動で大変だったことは?

まずは、情報収集とその整理が大変でした。
多くの情報があるなかで、お仕事内容・条件面・社風(想像も含む)・募集文面からご担当者様の熱意など。
優先順位を付けて応募させて頂く、こちら頭の整理が必要になりました。

次に、履歴書と職務経歴書を作成するのが非常に時間を使いました。
デフォルトを作って、それを流用すればいいのかもしれませんが、先方ご担当者様も人間です。
一社ごとに"何を望まれているか、先々、どのように働いて欲しいか""を想像しながら書類を制作するのにはエネルギーが必要でした。

3つ目は、履歴書文面の書き方に気を遣いました。
経験を多く書きすぎると、相手にとって自信過剰な人間と取られてしまう可能性があります。
しかし、内容が薄すぎるとそもそも会いたいと思って頂けません。
濃すぎず薄すぎずのバランスに気を遣いました。

最後に、面接時の言葉使い・返答の選択判断を考えました。
お会いさせて頂いた際には、先方も期待する人間像と期待するご返答があります。
それに対して応募者側にも、話しておきたいことや、事前に説明しておかなければならないことがあるはずです。
それを"どのような言葉の選択でお伝えするか"に細心の注意を払いました。"

面接でどのような事を聞かれたか?

・何故弊社に応募したのか
・前職を辞めた理由
・住まいはどこか
・会社までの通勤時間はどのくらいか
・望む条件は何かあるか
・どのような仕事をしたいのか
・今回の職に期待すること、何がしたいか
・将来何になりたいか(役職、待遇など)
・あなたはどのような人間か
・(会社が募集をした経緯を話して頂いた上で)聞いて率直にどの様に思ったか
・その他、質問などあればどうぞ等

入社した会社は、仕事内容や社風は事前に聞いた・調べたことと違いはあったか?

給与面・労働時間について

給与面については各社相違はありませんでした。こちらについては、完全に問題になってしまいますので、各社きちんとして頂きました。
あえて気をつける点を述べるとしたら、みなし残業代を含むか否か、と年金のタイプの違いだけ確認をしたほうが良いと感じました。
労働時間については、営業職に近いのか事務職に近いのかによると思います。きちんと時間で区切れるか否かになりますが、問題なかったです。

仕事内容について

違いがあるとすれば""営業要素を含むか否か""で違いがありました。
形がない職業で単純に相違を測れないお仕事もあります。
小職は問題がありませんでしたが、営業という要素を表に出すと人が集まりにくいという影響があるのでしょう。

社風について

違いはあると感じます。
面接をしていただく方は管理職以上の方がほとんどです。また、募集内容も管理職以上の方が監修をしていることがほとんどです。
しかし、その他大勢の一般職の方が社風の大部分を担っています。
管理職から見た社風・会社の特徴と、一般職から見た社風・会社の特徴は違わないことがおかしいかもしれません。
ただし、規模が大きくない会社様は違いが少ない傾向にはあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-転職体験談

Copyright© 転職するナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.