転職に失敗しないための情報を発信しています。

転職するナビ

転職体験談

30代で3回の転職を成功させた秘訣

投稿日:2018年8月26日 更新日:

転職の成功とは何を持っていうのか、とは意見が分かれるでしょう。

30代で3回転職した意見としては、
1:収入
2:経験スキルアップ
3:会社規模による安定
4:自分の時間増加

これらは”転職しなかったとき”に比べて確実に向上しました。このような点を挙げると、30代で3回転職して成功した、と言えるのではないでしょうか。

では、転職の際に意識したこと、つまり秘訣と言えるものは何だったのか、ご紹介していきましょう。

30代転職成功の秘訣大前提

募集している企業が前提として求めること。それは”人としてのモラル・大人としての常識”の範囲になります。例を挙げてご説明しましょう。

例えば履歴書について、敬語で記入する、文面を整理して書く、など当たり前でしょう?という内容です。
しかし、この”当たり前がない履歴書”を採用担当者が見た場合、「モラルが無いね」という言葉になります。

もう一つ挙げると、(問)特技はなんですか?という項目があったとしましょう。この答えとして、”サッカーが好きです”と書いたとします。これも良い印象を受けないはずです。

”特技と呼べるものは思い当たりません”まだ、こちらのほうが好印象かもしれません。何故かと言うと、聞いたことに正確に答えていないからです。

良くない文面で「この転職希望の方、聞いたことに正確に答えてくれていないね。常識がないね。」と言われてしまうことは避けたいですよね。

どちらの例においても、それまでの経験から、無意識に行ってしまう可能性があります。つまり、”自身のそれまでの常識を疑ってかかること”が30代転職の秘訣・基礎になることは間違いありません。

転職の秘訣1自身の資産整理

“転職の際の資産整理”とは、”自身が出来ること・出来ないことを明確にする”という意味です。例えば、ファミリーレストランで接客業をしていた方が、転職を希望されたとしましょう。

出来ることとして挙げられるのは、接客の経験・メニューの知識・食事のマナーなどでしょうか。逆に出来ないことと言えば、法人営業・プログラム・配送など、多岐に渡るでしょう。実際に細かく考えればもっと出てくるはずですが、簡単に書くと分類分け出来ることが分かります。

経験がなくとも、実はやってみたかったことや面白そうと感じた職業など、転職の際には多くの選択肢があります。求職の募集要項に”〇〇職の経験がある方のみ募集”と書いてあれば厳しいかもしれませんが、転職したいという気持ちに制限を付けてしまっては転職する自分自身が苦しくなります。

転職を志したら一度落ち着いて、自身の出来ること・出来ないことを、書き出してみることをおすすめします。これが転職の成功の秘訣1:自身の(経験)資産整理になります。

転職の秘訣2入りたい企業の募集目的を考える

転職してやりたい業種や入りたい企業を見つけられたとき、どうしたら採用担当者の目に止まる確率を上げられるでしょうか?それには、”採用担当者も機械ではなく人であること”を理解する必要があります。

企業側も人材の募集をするからには、何かしらの目的が必ずあります。「事業拡大をするから」「部署を分けて専門性を高めたい」「退職や産休の方の予定があって」など様々です。”専門性のある方が欲しいのか””色々な経験がある方が欲しいのか”の2通りに分けられる、とイメージして頂ければ少し分かりやすいでしょうか。

企業の採用担当者がどんな目的を持って求人をするのか、それにより欲しい人材が変わります。それに伴って、募集要項の内容に反映されます。

「転職して、この企業で募集されているこのお仕事がしたい」と思ったら、
1:募集内容を熟読する
2:相手企業がどのような人を望んでいるか考える
3:自身がどのようなスキル・経験・発想で貢献できるか考えてみる、

この3つからスタートしてみては如何でしょうか。30代転職の秘訣その2は、”応募したい企業の側に立って考えてみること”です。

転職の秘訣3書いたこと言ったことを説明できること

この秘訣3まで読み進めて頂いている方は、面接に臨むことを想定されているはずです。どちらの企業の面接にお伺いしても、必ず聞かれることがあります。

それは、「何で前の会社を辞めたのか?」という質問です。履歴書に表面上は書いてあるはずです。しかし、面接して頂いている企業担当者様は”本当の理由”が知りたいのです。

なぜなら、”面接している転職希望のあなたに興味があるから”に他なりません。ここで一番大事なことは、”前向きな理由が胸を張って説明できるか”になるでしょう。

採用ご担当者様がどの部分について興味を持ち、掘り下げて面接時に聞いてくるか。正直なところ、まちまちで想定は不可能です。

但し断言できるのは、”入社希望で目の前に居る、転職希望者の人となり”と、”その方が提出して頂いた履歴書”を元にして、採用ご担当者様はお話を進めるということ。

つまり、人物像と履歴書の内容について、自信を持って説明して頂ける方を信用します。これは絶対です。履歴書で書いたこと、面接時に返答したこと、これらが根拠を持って説明出来ること。これが30代転職の秘訣その3になります。

但し、転職時には1点気をつけなくてはいけないことがあります。それは、自信と過信を間違えないことです。出来ることは自信と根拠を持って出来ますと言う、出来ないことは素直に出来ませんと説明する、これも非常に重要なことですね。

30代で3回転職成功して得たもの

転職を志すきっかけやタイミングは人それぞれです。ただ、30代は周りが見えてくる年齢であることは間違いないでしょう。しかし40代になってくると、採用企業含め周囲の見る目が変わってきてしまうのも、ご想像しやすいのではないでしょうか。

私は30代で3回転職した結果、収入・スキル・安定・時間を得たと感じています。これは成功と言えるのではないか、と思っています。ここに挙げた”30代転職の成功の秘訣”が皆様の転職成功の一助になって頂けれ大変嬉しいです。是非、”30代の転職が後から振り返ると成功だった”と思えることを、僭越ながら転職成功者の一人として祈っております。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-転職体験談

Copyright© 転職するナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.