転職に失敗しないための情報を発信しています。

転職するナビ

応募企業の探し方・選び方

ベンチャー企業への転職のメリット・デメリット

投稿日:2018年8月16日 更新日:

転職を考える中、大企業や中小企業など企業の格を応募の参考にする人もいれば、やりたい仕事なら企業の格は気にしないという人もいます。そういった考えを持つ人の頭の中には、ベンチャー企業への転職というものがあります。

しかし、ベンチャー企業といっても楽天のようなメガベンチャーから、つい先日立ちあげたばかりのベンチャー企業もあります。この記事では、少人数で設立間もないベンチャー企業への転職について書いていきます。

ベンチャー企業のメリット・デメリット

設立間もない少人数の企業ですので、人によっては敬遠しがちな点もあります。実際に私もベンチャー企業への転職経験もありますので、自分の実体験を交えてメリット・デメリットの紹介をします。

メリット

一番のメリットは、大きな裁量を任される点です。普通の企業であれば、上司、上司の上司と構成されていますが、設立間もないベンチャーの場合は、社長の直下が自分だったので、普通の会社では何年も経たないと任せてもらえないような仕事を任されてもらえました。

稟議なども、社長以外の人間を通す必要がないため、社長の決裁をもらうことだけを考えて進められるので、余計な根回しなども必要なくスピード感を持って進めることができます。

デメリット

デメリットは、業務範囲が広いという点です。人によってはメリットになるかもしれませんが、設立間もないため常に人手不足です。営業で入ったとしても、経理業務、人事業務やパソコンの設定、各種の契約業者の選定から相見積もりの取得など、ありとあらゆることを兼任しました。

1つの業務に対してじっくりとやりたい人には向いていません。フットワーク良く動いてものごとを進める考えが必要になってきます。
会社の経営を俯瞰して見れるので、将来、独立を考えている人にとっては良い経験になるかと思います。

ベンチャー企業の面接について

入社を希望し、書類選考が通ったら次は面接となります。状況にもよりますが、1次面接も最終面接も面接官が社長というパターンがあります。

この場合、一般的な建前と本音の面接ではなく本音の面接になることが多いです。本音と言っても、求職者の本音を求められるというより、社長の本音を受け止められるかとどうかという意味です。

ベンチャー企業の場合、社長との距離が近いため、社長が考えているビジョンにしっかりとマッチした考えを持っていなければ、最初は良くても、だんだんと意見の相違から退職という流れになってしまいがちです。

面接の場面では、社長がビジョンの熱弁をするので、それに賛同できるかどうかが1つのポイントになります。また、ビジョン自体に具体性のないものの場合は、「具体的にどうやっていくのか?」という質問を投げかけて、具体的に答えてもらえない場合は、その会社の将来性自体が微妙なので、丁重に選考をお断りしても良いかもしれません。

ベンチャー企業に転職する不安

立ちあげて間もない会社であれば、3年後、5年後にどういった形になっているのか想像がつかないため不安になってしまうこともあります。しかし、ベンチャー企業に転職するということは不安との戦いでもあります。

そういった環境を楽しめる人であれば向いていますし、不安を楽しむことより安定を考えるのであれば、そもそもベンチャー企業への転職は向いていないと判断したほうが良いです。

私の場合は給料の遅配などはありませんでしたが、友人の会社では会社の残高が残りわずかでショート寸前の状況ということもありました。

大企業のピンチというのはニュースでも報道されているようにジワジワと時間をかけて迫ってきますが、ベンチャー企業のピンチはすぐに迫ってきます。その分、月の運転資金は大企業に比べれば僅かなので、1つ中堅どころの売り上げが入ればしばらく何とかなるといった感じです。

ベンチャー企業への転職の成功とは?

ベンチャー企業に転職すると、会社の成長段階を体験できます。会社が成長をして行く中で、2つの分かれ道が出てきます。それは、企業規模を大きくしていくのか、それとも少人数でやっていくのかという2つです。どちらが正解というものではありません。

企業規模を大きくしていく場合、それに伴い人員の拡大も行われるので、利益が出ていても、人員拡大の方に投資されていきます。少人数でやっていく場合、利益は既存のメンバーに還元されることが多いです。

ベンチャー企業に転職をする上で、企業規模を大きくしていく過程に居ることが成功と考えるのか、それとも利益還元されることを成功と考えるかは人それぞれですが、転職をする前に、社長にどういった方向性で考えているのかという点は確認をしておいた方が良いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-応募企業の探し方・選び方

Copyright© 転職するナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.