転職に失敗しないための情報を発信しています。

転職するナビ

応募企業の探し方・選び方

転職しやすい時期やタイミングってあるの?

投稿日:2018年5月4日 更新日:

転職しやすい時期やタイミングってあるの?

転職求人は1年を通して様々な求人募集が行われていますが、
その中でも企業の採用意欲が高い時期がいくつかあります。

全ての会社に通じるものではありませんが、
その時期を狙って転職活動をはじめてみるのも良いかもしれません。

企業の採用意欲が高い時期は年3回

企業が採用意欲が高い時期は年に3回あります。

1回目は2月中旬〜3月下旬
2回目は8月下旬〜9月下旬
3回目は11月下旬〜12月中旬
の3回です。

この時期以外がダメというわけではありませんが、会社の流れに沿って考えてみると「あぁ、なるほど」と思います。

2月中旬〜3月末は年度末なので狙い目

多くの会社では4月〜翌年3月を1年度として営業しています。3月末となると年度末となり何かと区切れの良いタイミングにもなるので退職をする人も出てきます。

3月末になって4月1日に退職する人はいないので、年度末に退職を考えるとなると2月中旬に会社に退職の旨を伝え、残りの期間を引き継ぎなどに当てる形となります。

会社としては欠員が出るということは残った人たちに負担が掛かってしまうので、人の補充を考えなければなりません。欲を言えば新年度となる4月1日から出社してもらえるような人であれば尚更です。

会社を辞めるという報告を2月中旬に受けたら、そこから1ヶ月ほどかけて選考を進められれば、なんとか新年度には間に合うため、企業の採用意欲が高くなるのです。

8月下旬〜9月下旬は下半期に向けての補充なので狙い目

4月が年度始まりの会社であれば、10月が下半期のスタートとなります。年度末同様、区切れの良いタイミングでもあるので退職する人も出てきます。

また、上半期の人員計画では仕事が回らないため、下半期に向けて人員補充を行うというケースもあります。下半期を良い形でスタートしたいと考えると、8月下旬から選考をはじめて10月1日入社という流れが理想的です。

下半期のスタートに合わせるという企業の目標があるので、この時期も採用意欲が高くなります。

11月下旬〜12月中旬は年をまたぎたくないため狙い目

このケースは、年度ではなくカレンダーの1年が終わるタイミングに関するものです。求職者側としてもこの時期になると、気持ちよく年末年始を迎えたいと考えます。

企業側としても年内中に採用活動を終えたいという考えもあり、年内に内定を出せるような形で動いてきます。

反対に年をまたぐ形となると、どうしても間延びしてしまいます。その中で求職者側も企業側も年末までの考えとちょっと違ったものになったりするので、気持ちが変わらないうちに年内決着という形で採用意欲が高くなります。

ボーナス支給後も割りと狙い目

人が会社をやめるタイミングというのは、年度末、下半期前以外にもあります。それはボーナス支給後です。

ボーナス支給前に退職の旨を会社に伝えてしまうと査定に響いてしまうので、ボーナスが支給された後に退職を申し出ることがあります。

欠員補充をしなくてはならないので、この時期も企業の採用意欲は高いです。

ボーナスが支給されるのは会社によってまちまちですが、一般的には7月上旬と12月上旬の2回です。

この記事をよんでいるあなたもボーナス支給後に退職を考えているかもしれないので、会社に退職の旨を伝えるタイミングのアドバイスをすると、ボーナスが支給された直後に伝えてしまうと「タイミングを見計らったな」と思われます。

ボーナスの支払いは大体、前日には会社が振込予約を完了しているところが多いので15時以降に言うか、ボーナスが支給された1週間後くらいであれば、相手も分かっていながらも見計らったまでは思いません。

一番採用意欲が高いのは年度末

これまで、企業の採用意欲が高いタイミングについて書いてきましたが、私の経験上、最も企業の採用タイミングが高いと感じたのは年度末です。

各企業、新しい人材を入れて新年度を迎えたいという気持ちも強いのか、かなり企業は採用に積極的になっています。

私も現在の会社に採用が決まったのは春頃でした。それまでは働きながら転職活動をしていたのですが、面接まで行っても2次面接に進めないということが多い状態でした。

しかし、そんな私でも年度末での転職活動において、何と5社から内定を貰うことに成功しました。

特段、特別なことは何一つやっていないのですが、転職年度末バブルみたいなものがあり、通常よりも若干採用レベルをおとしているようにも感じられます。

まとめ

転職をしやすいという絶対的な時期はありませんが、企業側の動きをみていると、人材が足りなくなるポイントというのは出てきます。そこを狙って動いていくと思わぬ企業とのであいがあるかもしれませんよ?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-応募企業の探し方・選び方

Copyright© 転職するナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.