転職に失敗しないための情報を発信しています。

転職するナビ

応募企業の探し方・選び方

これだけある!仕事の探し方 2/3

投稿日:

今回は、前回の続きとなります。

仕事の探し方その7.ハローワーク

仕事探しの定番でもあるハローワーク。失業手当をもらう際、ハローワークでの求人検索が転職活動の実績にもなるため、利用している人もいるかと思われます。企業側も求人募集するならハローワークに出しておこうという考えもあります。

メリット

・公共の機関なので誰でも利用ができる。
・転職に関する相談も無料でできる。
・休職中に「ハローワークに行ってくる」と言えば家族も何も言わない

デメリット

・企業側も無料で求人募集ができるため質の悪い求人もある。
・公共の機関なので融通が利かない。
・紹介状をもらうのに時間が掛かる場合がある。

仕事の探し方その8.ジョブカフェ

最近になって認知が広がってきたジョブカフェですがハローワークと混同しがちです。ジョブカフェとハローワークの違いは「都道府県が絡んでいるかどうか」です。ジョブカフェは各都道府県ごとにWebサイトがあり、各地域によって盛んな業種(農業や林業など)の仕事の斡旋に力を入れているところもあります。

メリット

・転職に関するイベント・セミナーが充実している
・専任カウンセラーが付き内定が出るまでサポートしてくれる(地域による)
・地域によってはヤング(20代)、ミドル(30代、40代)、シニア(50代以上)と年代に別れたサポートがある。

デメリット

・地域によっては、利用できる年齢が制限される(39歳以下など)
・ジョブカフェ独自の求人案件は少ない
・ハローワークほど事業所が多くない

仕事の探し方その9.会社の張り紙や看板

意外に見落としているのが、会社の前に掲示されている求人の張り紙や看板です。コンビニなどの小売店などでは店先に求人募集を貼ることは多いですが、一般企業が会社の玄関先などに求人の張り紙を貼るのは少ないですが注意深く見てみると思ったより見かけます。看板に関しては職人やドライバーなど常に人手が足りない職種のものが多いです。

メリット

・注意しないと見落とすのでライバルが少ない
・書類選考なしで連絡後、面接という流れが多い。

デメリット

・情報源が張り紙だけなので詳細が分らない
・連絡先が書いていない場合は直接声をかける必要がある

仕事の探し方その10.友人知人の紹介

地味に多いのが、会社で働いている従業員に対して知人友人を紹介すると金一封が出るパターンです。会社側としてもその従業員の友人知人という担保があるので、全く知らない人が面接に来るパターンより安心して採用選考を進めることができます。

メリット

・紹介者である友人知人から良いところ悪いとこを正直に聞ける。
・書類選考を飛ばして面接からスタートする場合が多い。
・入社することになった場合、知らない人がいないという環境ではない。

デメリット

・友人知人の紹介なので選考に漏れた場合が気まずい。
・入社後、ミスをしたら紹介者の名前にも響いてしまう。
・内定辞退をしにくい。

仕事の探し方その7.ハローワーク

仕事探しの定番でもあるハローワーク。失業手当をもらう際、ハローワークでの求人検索が転職活動の実績にもなるため、利用している人もいるかと思われます。企業側も求人募集するならハローワークに出しておこうという考えもあります。

メリット

・公共の機関なので誰でも利用ができる。
・転職に関する相談も無料でできる。
・休職中に「ハローワークに行ってくる」と言えば家族も何も言わない

デメリット

・企業側も無料で求人募集ができるため質の悪い求人もある。
・公共の機関なので融通が利かない。
・紹介状をもらうのに時間が掛かる場合がある。

仕事の探し方その8.ジョブカフェ

最近になって認知が広がってきたジョブカフェですがハローワークと混同しがちです。ジョブカフェとハローワークの違いは「都道府県が絡んでいるかどうか」です。ジョブカフェは各都道府県ごとにWebサイトがあり、各地域によって盛んな業種(農業や林業など)の仕事の斡旋に力を入れているところもあります。

メリット

・転職に関するイベント・セミナーが充実している
・専任カウンセラーが付き内定が出るまでサポートしてくれる(地域による)
・地域によってはヤング(20代)、ミドル(30代、40代)、シニア(50代以上)と年代に別れたサポートがある。

デメリット

・地域によっては、利用できる年齢が制限される(39歳以下など)
・ジョブカフェ独自の求人案件は少ない
・ハローワークほど事業所が多くない

仕事の探し方その9.会社の張り紙や看板

意外に見落としているのが、会社の前に掲示されている求人の張り紙や看板です。コンビニなどの小売店などでは店先に求人募集を貼ることは多いですが、一般企業が会社の玄関先などに求人の張り紙を貼るのは少ないですが注意深く見てみると思ったより見かけます。看板に関しては職人やドライバーなど常に人手が足りない職種のものが多いです。

メリット

・注意しないと見落とすのでライバルが少ない
・書類選考なしで連絡後、面接という流れが多い。

デメリット

・情報源が張り紙だけなので詳細が分らない
・連絡先が書いていない場合は直接声をかける必要がある

仕事の探し方その10.友人知人の紹介

地味に多いのが、会社で働いている従業員に対して知人友人を紹介すると金一封が出るパターンです。会社側としてもその従業員の友人知人という担保があるので、全く知らない人が面接に来るパターンより安心して採用選考を進めることができます。

メリット

・紹介者である友人知人から良いところ悪いとこを正直に聞ける。
・書類選考を飛ばして面接からスタートする場合が多い。
・入社することになった場合、知らない人がいないという環境ではない。

デメリット

・友人知人の紹介なので選考に漏れた場合が気まずい。
・入社後、ミスをしたら紹介者の名前にも響いてしまう。
・内定辞退をしにくい。

まとめ

ピックアップする中、自分でもこんなに仕事探しの方法があるのかと驚いています。
次回で最後になります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-応募企業の探し方・選び方

Copyright© 転職するナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.