転職に失敗しないための情報を発信しています。

転職するナビ

面接

転職でよく聞かれる質問5「他社にも応募していますか?」

投稿日:2018年6月18日 更新日:

「他社にも応募していますか?」
「弊社の他にどこか応募していますか?」
「弊社は第一志望ですか?」

このような質問も面接の中では聞かれます。面接官がこの質問をする背景、この質問の答え方、回答例について書いていきます。

質問の背景

質問の背景としては、「本気で転職を考えているのか?」「他も受けているかどうか知りたい。」「他社と比較した際、自社は第一志望なのか?」ということを聞くためです。

面接官も、本気で転職を考えている人、内定辞退をしない人を採用したいと考えています。本気で転職を考えているならば、1社だけに絞るというのは考えにくいです。また、内定を出した際、辞退されないかという点を見極めるため、自社が第一志望かどうかも確認してきます。

回答の考え方

この質問に関しては、「他社にも応募しています。」という形で答えて構いません。逆に「御社だけに絞っています。」という回答だと、「絞ってくれることは嬉しいが、ダメだったときのリスクヘッジを考えていない」という評価になってしまいます。

派生した質問で「他社の選考状況はいかがですか?」という質問があります。こちらも「1社が書類選考中で、2社が面接選考中です。」という形で社名は言わず、面接の詳細(2次面接待ちなのか?、最終面接後なのかは伏せましょう。)に答えましょう。

具体的な社名を聞かれることは、ほとんどありませんが聞かれた場合は「申し訳ございません。社名に関しては差し控えさせていただけますか?」という答え方で上手くかわしましょう。

「弊社は第一志望ですか?」という質問に対しては、例え第一志望でなくてもマナーとして「御社が第一志望です。」という形で答えておくのがスマートです。後々に内定辞退をすることになったとしても「うちが第一志望だって言ったじゃないか!」と言われることはほとんどありません。仮に言われた場合は「じっくり考えさせていただいた結果、結論が変わりました。」と伝えましょう。

回答例

(「他にもどこか受けていますか?」と聞かれたら)>>「はい」

(「他社の選考状況はいかがですか?」と聞かれたら)>>「現在、書類選考中が2社、面接選考中が2社と言う状況です。」

(「自社は第一志望ですか?」)>>「はい」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-面接

Copyright© 転職するナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.