転職に失敗しないための情報を発信しています。

転職するナビ

面接

転職の面接官の態度が酷い場合、辞退が賢明なのか?

投稿日:2018年7月10日 更新日:

転職の面接の場面で、割と多い不満に「面接官の態度が悪かった」というものがあります。

しっかりと書類を作成し書類選考が通過した時点で面接対策を行い、万全の態勢を整えて面接に臨んだものの、面接官の態度に愕然としてしまうこともあります。こうなると「準備した時間を返してくれー」と言いたくなってしまいますね。

面接官の態度に対して求職者側は、どのような対応策をするべきなのでしょうか?

面接官の態度が会社の姿勢

結論から言うと、面接官の態度が悪いと感じるのであれば、その会社とは縁がなかったと考えた方が良いです。

なぜなら、面接官というのは会社の鏡であり、その会社の姿だからです。求職者に対して横柄な態度を取るようであれば、その会社全体的に他人に対して横柄な態度とる風潮があると考えられます。

その点を我慢して面接を通過しても、今度は入社してから悩まされることは目に見えています。面接官だから偉いということはありません。求職者と面接官はあくまで対等な立場なのです。

「たまたま、面接を担当した面接官の態度が悪いだけで、その人以外は悪い人ではないのでは?」という疑問も出てくるかもしれませんが、そういう人を面接官としての業務を任せる会社にも問題があります。

求職者の時点では社外の人間です。社外の人間に対して、問題のあるような人物を接触させること自体が考えられません。

面接官の態度に疑問を持った時点で、その会社の選考は辞退した方が時間を有効的に使うことができます。

選考を辞退する際の連絡方法は電話?メール?

選考の辞退を決断したのであれば、その意思を先方に伝える必要があります。電話で伝えるべきか、それともメールで伝えるべきか伝達方法に迷ってしまうのであれば、メールで良いです。

電話だと、嫌な面接官と話さないといけないというストレスも感じてしまうかもしれません。それであれば、メールを送って終わらせてしまいましょう。

メールの文面を考える際、理由付けがあった方がまとまりが良くなります。私がよく使った理由は「他社での選考が進んだため、御社の選考を辞退させていただきます。」というものです。

転職活動をしているということは、他社の選考も受けているというのはおかしくありません。受け取った方も「他社さんで選考が進んでウチを断るということは、ウチが第一志望ではなかったんだな。」という取り方をしてもらえます。

ストレートに「面接官の態度が気に入らない」と書いてしまうのだけは避けましょう。色々と面倒なことに巻き込まれてしまうかもしれません。

面接が圧迫面接だった場合の対策

面接官の態度が悪いイコール圧迫面接ではありませんが、なかなかその見分けもつきにくいのも事実です。

圧迫面接とは、敢えて意地悪な質問をしてみたり、回答に対して否定する返答をして求職者のストレス耐性を計る面接方法です。しかし、時代の変化とともに圧迫面接の手法自体が、今の時代にマッチしていないものになっています。

それでも中には、今もなお圧迫面接をしている企業も存在します。私も2社ほどガチガチの圧迫面接に遭遇したことがあります。(「どのような取引先が多いのですか?」という質問に対して「答える必要はない」と言われました。)

圧迫面接を受けて良い気分をする人などいません。対策方法としては「面接が終わるのをひたすら待つ」「その場で辞退の旨を伝えて帰る」の2つです。

その場で辞退の旨を伝えるのが難しいならば、適当に面接をこなしてしまいましょう。圧迫面接をしている時点でその企業の姿勢は時代遅れです。

この場合も、メールでサクッと辞退の連絡をして終わらせてしまいましょう。

まとめ

・面接官の態度が会社の姿勢でもあります。
・面接官の態度が気に入らないなら選考を辞退してもOK。
・選考辞退の連絡は、メールでも電話でも可。話をしたくないならメールで。
・選考辞退の理由は「他社の選考が進んだため」と伝え余計なことは言わない。
・圧迫面接に遭遇したら、面接を適当にこなすか、その場で辞退を申し出て帰る。
・圧迫面接の企業にも辞退の連絡をする場合は、メールでも電話でも可。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-面接

Copyright© 転職するナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.