転職に失敗しないための情報を発信しています。

転職するナビ

ハローワーク

ハローワークは嘘ばかりでヤバい求人だらけなのか?

投稿日:

ハローワークの求人と聞くとブラック企業の求人だらけで、求人票の内容も嘘ばかりということが書かれていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

ブラック企業の求人が多いと言われる理由

ハローワークの求人企業がブラック企業ばかりと言われる理由として、「求人を出すのが無料なので質の悪い企業の求人が多く集まる」というものがあります。常に人手が足りないブラック企業なら、無料で求人募集をかけることのできるハローワークは魅力的な媒体です。

また、求人票の内容が実際の職務内容や待遇と違いはないのかというチェック機能がないため、企業側が盛って書く場合もあり、入社してから、あれこれ話が違うという問題も出てきます。求人票の職務内容がアバウトすぎる書かれ方だったり、給与が相場より高かったり、最低金額と最高金額の幅が大きい場合は特に要注意です。

求人票の嘘を見抜く方法はあるのか?

求人票の内容だけでは、嘘かどうかを見抜くのは難しい部分もあります。紹介状の交付窓口の職員の人に聞いてみても、苦情があったのであれば教えてくれますが、聞かない限りは何もいわれることはありません。

嘘を見抜くというより、この記載で間違いないのかと言う確認方法は、面接時に確認をするしかありません。具体的には、「今回の求人票の内容ですが、現時点での変更点などはございますか?」と面接官に確認をし、「ありません。」という言質をとって話を進めて行くことです。

内定が出た場合も、承諾書にサインをする前に、労働条件を書面で確認し、再度、ハローワークの求人票と変更点は無いか念押ししてからサインをした方が良いです。もし、話が違った場合、面接時、サイン前に2回確認をしたという実績が残ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ハローワーク

Copyright© 転職するナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.