転職に失敗しないための情報を発信しています。

転職するナビ

ハローワーク

ハローワークの求人はやばい企業で嘘ばかり?

投稿日:

転職サイトやフリーペーパーなど、仕事の探しの方法でハローワークは今も昔も多くの求職者に利用されています。

仕事探しの情報を集めている中、「ハロワの求人は嘘ばかり」「ハロワに求人を出している企業はやばいところ」といった情報も見かけます。果たして実状はどうなのでしょうか?

私も転職時、ハローワークも利用をしていました。ハローワークに求人を出している企業に選考を進めてもらう中で、私が経験したこと、感じたことを書いていきます。

企業は、なぜハローワークに求人を出すのか?

企業が、なぜハローワークに求人を出すのかというと、
・行政が管轄する機関であり求人と言えばハローワークという考えがる
・無料で求人を出すことができる
・特定の条件をクリアする人を採用すれば助成金がもらえる
という理由があるからです。

行政が管轄する機関であり求人と言えばハローワークという考えがる

ハローワークは厚生労働省が運営する就職支援や雇用促進のための機関です。

求人を出す企業からすれば、国の機関なので安心して利用をすることができるという点が挙げられます。

「求人はハローワーク」という考えを持つ企業や経営者も多いため、「取りあえずハローワークに求人を出す」「あそこの会社もハローワークに求人をだしているから、うちもハローワークに求人を出す」という風潮があります。

無料で求人を出すことができる

一番の利点は無料で求人を出すことが出来る点です。企業側からすればありがたい話ですが、求職者からすると少し厄介な点になります。

なぜなら、無料で求人出すことができるため、良い企業も悪い企業も利用することができます。また、本当に人が欲しい企業もいれば、取りあえず求人を出しているという企業による採用意欲も異なります。

特定の条件をクリアする人を採用すれば助成金がもらえる

特定求職者雇用開発助成金、トライアル雇用助成金といった助成金制度があり、これらの条件にあう求職者を採用すると企業に対して国から助成金が支払われます。

ハローワークの求人は嘘ばかり?質は?

企業はハローワークに無料で求人を出すことができます。質の良い企業も利用しますし、質の悪い企業も利用することができます。求人の内容に関しては嘘の求人もあると見かけますが、嘘の求人もあれば、本当の求人もあります。

嘘の求人については、最初から悪意があるものはごくわずかです。

嘘といわれる求人のほとんどは、求人票に仕事内容が詳しく書かれていないため、企業側が伝えたいことと求職者側の理解に溝ができてしまい、結果として求職者側が考える様な仕事ないようではなかったというものです。

例えば、仕事内容が「取引先企業に対する営業業務全般」としか書かれていなかったら、取引先企業という言葉を1つとっても、新規開拓なのか?ルート営業なのか?が分かりません。

求職者が、取引先企業=既に取引のある企業と解釈したとすると、この営業の仕事はルート営業なのだと考えてしまいます。しかし実際に面接に行ったら、新規開拓営業の募集の求人だと言われてしまったら、結果として嘘の求人だったと思ってしまいます。

このように、仕事内容の詳細が書かれていない場合は、窓口で「この求人の仕事内容をもう少し詳しく知りたいのですが」と相談をすれば、担当者が企業に連絡して問い合わせをしてくれたり、求人票に書かれていない補足情報に記載があれば教えてくれます。

最初から悪意のある嘘の求人に関しては、なかなか見抜くことは難しいです。私も「Webサービスの営業」という求人の紹介状をもらい面接に行った所、全く違う仕事内容を面接時に言われました。求人票と内容が違うと指摘をすると「最初から、そう書くと誰も応募してこないので・・・」という呆れた回答でした。

この場合は、運が悪かったと割り切って次に進むしかありません。

まとめ

・ハローワークへの求人掲載は無料のため、良い企業も悪い企業も利用している

・嘘の求人が多いと言われているのは、仕事内容の詳細が書かれておらず企業側と求職者側の解釈に溝ができてしまうため結果として嘘の求人といわれるものが存在している

・求人票に書かれた仕事内容について質問がある場合はハローワークの窓口担当者に相談してみる

・悪意があって嘘求人を出しているのはごくわずかだが見抜くのは難しい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ハローワーク

Copyright© 転職するナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.