転職に失敗しないための情報を発信しています。

転職するナビ

転職活動をはじめる前に

転職で給料アップは本当?ウソ?

投稿日:

今の会社の給料が安く将来も不安になり転職を考える人も多いです。

転職サービスの広告などでも、「利用者の●%が転職で年収が上がりました」といううたい文句を使っていますが、実際にはどうなのでしょうか?

年収アップの相場とからくり

転職をすることで、今より年収がアップする人は確かに多いですが、上がりやすい職種が全体をけん引しているような状況です。

年収がアップしやすい職種として、営業と技術系(エンジニア)が代表的です。営業の場合はインセンティブがつくと扱う商材によっては基本給以上の報酬を得ることができます。エンジニアはそもそもが人材不足のため、自然と給与が高騰していっています。

この2つの職種に関しては、求人数が多いため応募する人も多いといった状況です。

また、転職をしたからといって、いきなり年収が2倍、3倍に跳ね上がることはほとんどありません。ザックリですが年収アップの相場はだいたい50万円ほどです。ただし全員が50万円アップするわけではありません。

50万円以上アップする人もいれば、5万円アップ、今より少なくなる、など様々です。

また、自分が志望している業界の平均が大きく関わってきます。

給料交渉のタイミングは?

給料交渉のタイミングは、役員や社長が面接官として参加する最終面接に切り出すのが一番です。ただし、最終面接より前の選考で希望給与額を聞かれたら、それがその企業での給料交渉のタイミングだと思って下さい。

内定後の交渉に関してはあまりお勧めできません。なぜなら、内定というのは、業務内容、勤務条件、給与含む待遇を全て考慮をした上で決まることだからです。

会社によっては、内定後の交渉に応じてくれる場合もありますが、基本的には決定事項は覆らないと考えた方が良いです。

また、内定後に交渉をするということは交渉がまとまらない場合は、入社してもらえないということもあり得るので会社としては焦り、求職者としては強気に出ることができますが、入社後の印象に影響してくることも考えておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-転職活動をはじめる前に

Copyright© 転職するナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.