転職に失敗しないための情報を発信しています。

転職するナビ

転職活動をはじめる前に

モテ期と似てる転職のタイミング

投稿日:

b
転職は自分のピークで動くと決まりやすい

一般的に転職が決まりやすい時期として、人の出入りが多くなる年度末や半期終了のタイミングにあたる3月や9月、ボーナスを貰ってから退職をする人が多い7月や12月と言われています。

確かに、このような時期は求人募集も多くなりますが、その分、転職活動で動き出す人も多くなってきます。

では、この時期以外に転職活動をしても決まらないかというと、そうでもありません。

企業側の都合で転職のタイミングを伺うより、自分を魅力的にアピールできるタイミングで転職活動を行った方が、結果的に内定は獲得しやすくなります。

転職は恋愛と一緒

転職と恋愛は似ています。
お互いの思いが一致すれば成立しますし、その反面、思いが違えば成立することはありません。

転職市場においては、求職者が企業に振り向いてもらえるように一生懸命アピールしているように思えますが、企業側から追いかけてもらえるような求職者もいます。

いわゆる(転職において)モテる人です。

モテる人になれば、数社から内定をもらい会社を選べる立場になることも可能です。

会社から追いかけられる人というと、高学歴や経歴といった優秀なスペックを持った人を思い浮かべますが、そのような人は転職市場に出る前に声が掛かっているためほとんどいません。

「あぁ、やっぱり」と思わないで下さい。転職においてモテるためには優秀なスペックは必要ありません。

自分が一番、魅力的に見えるタイミングで転職活動をスタートすれば良いのです。

自分のピークは自分で作る

自分が一番、魅力的に見えるタイミングとは、どのようなタイミングかというと、「何かを成し遂げた時」です。

タイミングというのは、相手に委ねるのではなく自分で作り出すのです。

恋愛のモテ期は何年かおきの周期的なもであると言われていますが、転職にそれを当てはめてしまうと何年も待つこともできませんし、実際にモテ期が訪れてくるものでもありません。

転職においてのモテ期というのは自分自身で作り出すことができるのです。

自分で自分のピークを設定することによって、自分が一番魅力的に見えるタイミングを作り出します。

そうすることによって、自分のタイミングで転職活動をリードすることができ、求人企業に対しても好印象を残すことができます。

何かをやり遂げると自信が付く

何かをやり遂げるといっても、「数億円の受注を決めた」「斬新な企画を作る」「ヒット商品を作る」というような大きなものである必要はありません。

「毎日、誰よりも早く電話に出る。」「顧客フォローを徹底的に行う」「テレアポの件数を部署で一番掛ける」といった誰でもできそうだけれども、なかなか誰もやらないような、小さなことを期間を決めて行います。

決めたことを徹底して行い、社内の誰にも負けないくらいになってください。

目標を決めて、動いてく中で必ず成長していきます。
そして、やり遂げた先には更に大きな成長が待っています。

期間が過ぎてやり遂げたときには、成長が自信となり、その自信が求人企業が感じる色気になるのです。

はっきり行って、自分には成長と感じなくても、やり遂げたことに付いた自信(色気)は相手には伝わっていきます。

人は何かをやり遂げること成長する
その成長が自信に繋がる
その自信が転職での色気に繋がる
何をやり遂げるかは自分で考える
些細なことでも良いので「誰にも負けない分野を作る」
その分野で一番になった時、自然と自信が付く
自信の現れは、自分ではわかりにくいが、相手には伝わる

人は前向きな人に魅力を感じる

自信が相手に伝わる
何かをやり遂げる中で前向きな自分に成長できる
企業も後ろ向きな動機な人より、前向きな動機の人に魅力を感じる
何か1つやり遂げたことは、面接のアピール材料にもなる

まとめ

転職と恋愛は似ている
転職においてのモテ期は自分で作り出すことができる
些細なことでも良いのでなにか1つ誰にも負けないことを作る
やり遂げた時、それが自分の自信に繋がり、相手にも伝わる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-転職活動をはじめる前に

Copyright© 転職するナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.