転職に失敗しないための情報を発信しています。

転職するナビ

転職活動をはじめる前に

転職活動の期間と流れについて

投稿日:2018年5月2日 更新日:

転職活動をスタートする前に、確認したいのが流れと期間がどれ位かという点です。

思い立ったが吉日とスタートし内定が出るまで応募し続けるというのは間違えではありませんが、途中でモチベーションが落ちてしまうことも考えられます。

どれ位の時間がかかるものなのか?どのような流れで進んでいくのか?この2点が分かればゴールが見えるので、途中でもモチベーションが落ちてしまうことも防げます。

転職の流れを知る

転職全体の流れとしては、以下のような流れになります。

求人情報の収集
書類作成
応募
書類選考
一次面接
二次面接
三次面接(場合によって)
内定

求人情報の収集と書類作成、応募は自分1人で行うもの、書類選考は企業が行うもの、一次面接~三次面接は企業と求職者が行うもの、内定は企業が判断し求職者が決断するものとなります。

応募から内定までは大体2~3週間が多い

企業へ応募書類を送ってから、最終的な選考結果(内定)が出るまでは会社によって異なりますが、大体2~3週間ほどというパターンが多いです。

具体的な流れとしては、スムーズに進むと仮定して、書類送付後2~3日で書類選考が行われ、1週間以内程度のスケジュールで一次面接の日時を打診されます。

一次面接後、同じく1週間以内程度で二次面接。三次面接がある場合は同様に一週間以内で三次面接が行われます。二次面接(会社によっては三次面接)が終わった後、1週間以内には内定の連絡が入ります。

年度末前など人の入れ替えが前提にある場合は更に短縮したスケジュールとなります。私が経験したパターンは、月曜に一次面接の打診がありその水曜に一次面接。金曜に二次面接、翌週の月曜に内定連絡というパターンがありました。

選考が進む場合は企業も早く選考を終えたいのでトントン拍子で進んでいきます。

スケジュールを立ててダラダラ続けない

在職中、離職中と状況によって変わってくるのですが、転職活動はダラダラ行わない方が良いです。私は働きながら、のらりくらりと2年ほど転職活動を行っていました。

収入が確保されているという安心感はあるのですが、それが逆に長引かせてしまう原因にもなってしまいました。また、自分にとってもっとよい条件の求人が出てくるのではという考えがあり、長引いたものとなってしまいました。

離職、在職に関わらず、転職活動というのは誰がやっても疲れますし面倒くさいことも多いです。しかし、それらを乗り越えなければ良い転職はできません。

ならば、期間を決めて動いた方が良いです。いつ終わるか分からない転職活動をダラダラと続けるより、3ヶ月以内、半年以内、一年以内など、ゴールを決めて動いたほうが、ゴールが明確になるため気持ちが落ちることはありません。

まとめ

転職期間は人や相手企業によって異なりますが、応募から内定までは2~3週間と1ヶ月もかからない間に全てが完結することも珍しくありません。

転職活動をダラダラと続けてしまうことは誰にでもあります。だからこそ、自分で期限を決めて短期集中型で進めていくことをオススメします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-転職活動をはじめる前に

Copyright© 転職するナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.