転職に失敗しないための情報を発信しています。

転職するナビ

転職活動をはじめる前に

転職35歳限界説は本当なのか?

投稿日:

転職をしようと色々な情報を集めて行く中で、「転職は35歳まで」といった情報を目にしますが、実際はどうなのでしょうか?あなたが既に35歳を越えていても安心してください。35歳限界説は昔のものとなりつつあります。

また、あなたが数年後に35歳を迎えるのであれば、その時までに必要なスキルをお伝えします。

転職の限界説は崩壊しつつある

「転職は35歳まで」という情報に関しては、一昔前までであれば本当とまではいきませんが35歳を超えると相当厳しいというものでした。しかし、それは時代とともに組織構造や転職市場の活性化にともない崩壊しつつあります。

組織構造の変化

組織構造の点からすると、一番の変化は「働き手の数の変化」です。少子高齢化に伴い年々、日本の人口は減少しています。人口の減少イコール働き手の減少となります。

今までは、20代から30代前半の人材を採用したいと企業が思えば、不足人員分の採用をすることができました。しかし今は、求人を出してもなかなか募集が集まらないという課題に直面しています。

企業側からすれば、人が足りないと業務に支障が出てきてしまいます。そうなると、今現在、働いている従業員への負担が大きくなり、負担に耐えかねて退職してしまう人も出てきます。

ただでさえ、人が足りない状況の中で、更に欠員が出てしまっては負のスパイラルに突入となってしまいます。

そこから抜け出すためには、希望している年代より少し幅を広げるという選択肢が出てきますので、今までは採用の対象に考えていなかった35歳以上の求職者への門戸が開かれるのです。

転職市場の活性化

一昔前までは、転職というのは一世一代の行動でした。基本的には新卒で入社した会社で定年まで勤めるというのが一般的とされてきましたが、転職という行為が一般的になってきた時代背景があります。

また、ネットの普及によって転職活動の敷居が下がり、抵抗なく進められるという点も考えられます。近年では、FacebookなどのSNSを介したエントリーが可能な転職サービスも出現し、更に転職活動がしやすくなっています。

求人数の変化について

組織構造の変化と、転職市場の活性化によって、転職35歳限界説は崩壊しつつあるということを書いてきましたが、実際の求人についてはどうなのでしょうか?

やはり、35歳以前を対象とした求人数と、35歳以上を対象とした求人数では、35歳以前を対象とした求人数の方が大きく上回ります。
応募できる求人が減り、なかなか条件に合う求人が少ないという状況です。

しかし、転職市場の中でミドル市場(35歳以上の転職者)が注目されつつあるのも事実でもあります。今まで、ミドル市場というと役員などの求人が多く、応募条件もかなり制限がありました。

現在では、ミドルを対象とした管理職や一般職の求人も出ており、20代~30代前半の採用では補えない部分をミドルにまで広げているという変化が見受けられます。

身につけておきたいスキル

35歳以上の求人数が増えつつあると言っても、やはり誰でも応募が可能かと言うとそうではありません。求人企業が35歳以上の応募者に求めるスキルは、「マネジメント能力」です。

マネジメント能力とは、部下を持って、その部下に対して的確な指示を出して成果を上げられる能力です。

このマネジメント経験があるかないかで、35歳以上の転職の成果が変わってくると言っても過言ではありません。

まとめ

転職35歳限界説というのは、時代の変化とともに崩壊しつつある状況です。しかし企業側は求人の門戸を広げてはいるものの、企業側が求める35歳以上の人材像というのは、マネジメント能力やマネジメント経験の有無です。

35歳を迎えてからの転職はマネジメント能力をアピールすることが大切です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-転職活動をはじめる前に

Copyright© 転職するナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.